【逆質問】面接で企業から「質問はありますか」と聞かれたら?NGな質問、良い質問を解説!

編集部
  • 投稿 2023.09.01
  • 更新 2023.09.01
オンライン面談

転職における面接では、終盤に「弊社について何か質問はありますか?」と、逆質問を受ける場面があります。

気になることをそのまま聞いて良いのか、何か気をつけた方が良いのか、気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、面接での企業からの「逆質問」の目的や対応方法を記載していきたいと思います。

逆質問の目的

質問

企業が逆質問をおこなう理由を、まずは整理したいと思います。

候補者が気になる点を解消する

まず、企業側としてもただ設問をして終わりではなく候補者が気になる点を解消する目的があります。特に初回面接においては、互いに自己紹介をおこない相互理解を促す意味合いもあります。

候補者の興味関心がどこにあるのかを確認する

逆質問を通じて、候補者の志向性や興味関心がどういったことに向いているのかを確認する目的もあります。

つまり、この意味では逆質問も選考の一環だとも言える為、逆質問する側にもある程度、「印象管理=相手企業にどういった印象を与えたいか」の観点も必要となります。

自社に対する意欲を確認する

質問の内容によっては

  • 自社に対してよく調べてきた上で質問をしている
  • 自社に対して意欲が高いことが感じられる

このような印象を企業が持つことがあり、この場合、逆質問を通じて相手に「良い印象」を与えられたことになります。

良い逆質問のコツ

ポジティブな雰囲気の環境

逆質問の目的について記載してきましたが、それでは「良い逆質問」とはどういったものでしょうか。

原則として勿論、どんな質問をしても良い場面となります。

  • 福利厚生は何がありますか?
  • トレーニングはありますか?
  • 残業はどのぐらいありますか?
  • 昇給の頻度について詳細を教えてください

勿論、この辺りの質問も、気になった場合は是非して頂いて構いません。
ミスマッチを防ぐ為にも重要なことです。

一方で、一次面接の時点から、こういった待遇面・環境面の質問が多い印象になってしまうと

「もっと成⻑や自社への興味が伺い知れるような質問はないのかな?」

と、懸念を持たれることもあります。

少し極端な例ですが

・もし採用された場合、入社前にどのような知識を身につけると業務に早く追いつけますか?
・会社の将来のビジョンについて、この部分をもう少し教えてもらえませんか?

などの質問も挟むようにすると、前向きさが伝わって好印象です。

待遇面の細かい部分は、エージェントを利用している場合はエージェントを通じて確認することも可能ですし、内定が近づいた段階でより、細かく確認することが可能です。

初期フェーズの面接の場では、お互い初見の「お見合い」のような空気感ですので、 ちょっとした発言が相手に印象付けられることを意識して質問しましょう。

また、逆質問の数としては、状況や残された時間にもよりますが、3 つ程度はされると良いかと思います。質問が無い、あるいは 1 つしかないと、「あまり弊社に興味ないのかな?」という印象を持つ面接官もいます。

最後に

以上、面接での企業からの「逆質問」の目的や対応方法について記載してきました。

逆質問を通じた「印象管理」の観点も含めて、是非心がけていただけたら幸いです。

編集部

HOKADOKO運営チームの編集部です。IT/Web領域の転職支援事業やHOKADOKOを通じたサービス提供をしていく上で得た転職活動にまつわるノウハウをお伝えしています。

おすすめ記事

HOKADOKOに登録して
転職活動の機会損失を減らしませんか?

・今受けている企業で本当に決めて良いのか
・まだもっと自分に合う企業もある気がする
HOKADOKOは、ホカにドコを受けたかを登録することで、自分では探しきれなかったあなたに相性の良い企業求人の提案を受け取ることができます。無料登録で転職活動をブーストしてみませんか?